Blundstone 1462 Boot Chelsea Boot Indigo B07573CJGR Blue Suede Suede c118ece





Blundstone 1462 Boot Chelsea Boot Indigo B07573CJGR Blue Suede Suede c118ece - uibc.club

Additional pages
''

9/10(火)19:00〜 サントリーホール(大)にて、わずか1日のみ開催の目玉イベント「良い子にご褒美」。

開催に至ったエピソードと思いを池辺晋一郎氏と飯森範親氏が語ります。

'\x3ciframe width=\x22500\x22 height=\x22281\x22 id=\x22youtube_iframe\x22 src=\x22https://www.youtube.com/embed/rBcw58wf_9A?feature=oembed\x26amp;enablejsapi=1\x26amp;origin=http://safe.txmblr.com\x26amp;wmode=opaque\x22 frameborder=\x220\x22 allow=\x22autoplay; encrypted-media\x22 allowfullscreen\x3e\x3c/iframe\x3e'

Classic News HPにて、9月5日「国際作曲委嘱シリーズ テーマ作曲家〈細川俊夫〉」に出演いただくチェリスト、多井智紀さんのインタビュー映像を掲載頂きました。フィリデイについて語ります。

【お知らせ】9月10日(火)アフター・トーク
Blundstone 1462 Boot Chelsea Boot Indigo B07573CJGR Blue Suede Suede c118ece

9月10日(火)、「良い子にご褒美」の上演後にアフター・トークを行います。

どうぞ、お楽しみに。

9月10日(火)演劇とオーケストラが出会うとき「良い子にご褒美」

上演終了後、アフター・トーク:池辺晋一郎×村田元史×飯森範親

【お知らせ】9月5日(木)プレ・トーク

9月5日(木)18:35から、細川俊夫さんと柿木伸之さんによるプレ・コンサートトークがございます。

皆様、どうぞお聞き逃しのないよう、お早めに会場にお越し下さいませ。

9月5日(木)サントリーホール国際作曲委嘱シリーズNo.36

テーマ作曲家〈細川俊夫〉管弦楽

18:35〜 プレ・トーク:細川俊夫 きき手:柿木伸之

'\x3ciframe width=\x22500\x22 height=\x22281\x22 id=\x22youtube_iframe\x22 src=\x22https://www.youtube.com/embed/fjAayNjaCgk?feature=oembed\x26amp;enablejsapi=1\x26amp;origin=http://safe.txmblr.com\x26amp;wmode=opaque\x22 frameborder=\x220\x22 allow=\x22autoplay; encrypted-media\x22 allowfullscreen\x3e\x3c/iframe\x3e'

9月6日の公演「インプロヴィゼーション×ダンス」、白熱のリハーサル模様を撮影しました。

予告編の映像です。ご覧下さいませ。

'\x3ciframe width=\x22500\x22 height=\x22281\x22 id=\x22youtube_iframe\x22 src=\x22https://www.youtube.com/embed/d2rUrdZ-GIw?feature=oembed\x26amp;enablejsapi=1\x26amp;origin=http://safe.txmblr.com\x26amp;wmode=opaque\x22 frameborder=\x220\x22 allow=\x22autoplay; encrypted-media\x22 allowfullscreen\x3e\x3c/iframe\x3e'

Classic Newsのホームページにて、9月8日「リゲティを消化しよう!」ご出演のピアニスト泊真美子さんのインタビューが掲載されました。リゲティの音楽を「新しい価値観との出逢い」と形容して、想いを語ります。

'\x3ciframe width=\x22500\x22 height=\x22281\x22 id=\x22youtube_iframe\x22 src=\x22https://www.youtube.com/embed/Md0wJF5Nw-g?feature=oembed\x26amp;enablejsapi=1\x26amp;origin=http://safe.txmblr.com\x26amp;wmode=opaque\x22 frameborder=\x220\x22 allow=\x22autoplay; encrypted-media\x22 allowfullscreen\x3e\x3c/iframe\x3e'

Classic Newsのホームページにて、9月8日「リゲティを消化しよう!」にご出演いただくピアニスト、菊池裕介さんのインタビューをご掲載下さいました。氏にとって、本公演は大きな山場であると、真摯な態度で語られております。ご覧下さい。

'\x3ciframe width=\x22500\x22 height=\x22281\x22 id=\x22youtube_iframe\x22 src=\x22https://www.youtube.com/embed/FaVeY69Tues?feature=oembed\x26amp;enablejsapi=1\x26amp;origin=http://safe.txmblr.com\x26amp;wmode=opaque\x22 frameborder=\x220\x22 allow=\x22autoplay; encrypted-media\x22 allowfullscreen\x3e\x3c/iframe\x3e'

9月6日の小ホール公演「インプロヴィゼーション×ダンス」について、作曲家の池辺晋一郎さんとダンサーの田村裕子さん、コーディネーターの上田亨さんによる鼎談映像です。本公演に込める想いが、お三方それぞれの立場から語られます。

「リゲティを消化しよう!」の出演者に質問!!

公演まであと一ヶ月強、リゲティの超難曲に挑む三名の出演者に質問!!

 

1.この公演の出演依頼を受けての感想を一言でお願いします。

 

菊池さん

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!()

男なら老いる前にやるでしょ!と。

 

金子さん

このようなご依頼をいただいたのははじめてで大変驚きましたが、とても挑戦的で魅力的に思いました。

 

泊さん

わぁ~っ、嬉しい!

えっ?? リゲティの練習曲!?

これは、とんでもなく大変だ!!

 

 

2.これまでに、ご自身が一番共感を得た作品または作曲家はどの作品、作曲家ですか。

 

菊池さん

ベートーヴェンの第九、ですね。結局。

 

金子さん

一つの作品を選ぶのはとても難しいのですが、過去5年以内で最も感動を覚えたのは僕のもう一つのふるさとでもあるハンガリー出身の作曲家フランツ・リストの代表作、ロ短調ソナタです。

 

泊さん

《作曲家》ベートーヴェン、リスト、ショパン、ブラームス、チャイコフスキー、松村禎三、土田英介

 

 

3.リゲティ(の作品)に出会った時の第一印象はいかがでしたか。

 

菊池さん

なんだか愉快な作品だなぁ、と思いました。ファンファーレだったこともありますが。

 

金子さん

想像以上に深く複雑な内容で、演奏する者は命がけで向き合わなければいけない、そんな作品に感じました。

 

泊さん

これは、音楽なのか!?

何だか、脳神経科学者の実験か・・・ 改善メソッドようだ!

 

4.古典作品と現代作品の練習の取り組み方に違いはありますか。

 

菊池さん

古典派であれば初見でもある程度のところまで弾けてしまうことが多いのですが、その後細部の仕上げに時間をかけます。木彫りの彫刻のようなもの?

現代曲は、ドミノ並べじゃないですがパーツを一つ一つ組み立てていく感覚です。根気との戦いですね。

 

金子さん

基本的には同じですが、現代音楽の方が一つ一つのパーツを組み立てるのにより時間とエネルギーがかかります。

 

泊さん

私は、演奏家なので、いかなる時も、作品へのアプローチに違いはない。作品を、最大限生きた形で、聴衆のもとへ届けることが使命だと思っている。その為には、どんな努力もする。ただ、本番に向け、作品を掘り下げながら過ごす 長い時の中では、明らかに「作品力」と言うか、作曲家の声や体温、生き様、人生、その時代の顔が、私に訴えかけてくる力の差はあると思っている。その世界観が強い作品ほど、私の人生にとってかけがえのないものだし、言葉を越えた、究極の境地を宿すと信じている。

 


5.公演まで2ヶ月を切りましたが、ご自身、現時点でのリゲティの消化度、リゲティとの距離はどのくらいと思っていらっしゃいますか。

 

菊池さん

いまはまだ情報収集をしているような段階で、実戦はこれから。夏休みで短期決戦をかけます。死ぬ気でやります。

 

金子さん

現在やっと材料が揃い、調理に取りかかっている段階です。最終的には皆さまと一緒に、会場で消化できればと思っています。

 

泊さん

脳(知識):80

身体:45

心(soul):25

本番までには、すべてを120%まで持っていかなければいけないと、肝に銘じながら

今を、過ごしています。

今までに感じたことのない未体験の「修行」。

それを越えられたら、本番の日にはリゲティと友達になれるかな!?



ご協力いただき、誠にありがとうございました。

'\x3ciframe width=\x22500\x22 height=\x22281\x22 id=\x22youtube_iframe\x22 src=\x22https://www.youtube.com/embed/vDd7VjyEA3g?feature=oembed\x26amp;enablejsapi=1\x26amp;origin=http://safe.txmblr.com\x26amp;wmode=opaque\x22 frameborder=\x220\x22 allow=\x22autoplay; encrypted-media\x22 allowfullscreen\x3e\x3c/iframe\x3e'

Classic Newsのホームページにて、9月8日「リゲティを消化しよう!」にご出演いただくピアニストの一人、金子三勇士さんのインタビューをご掲載下さいました!!!リゲティについて、その作品について、思いを語る貴重な映像です。

→ http://classicnews.jp/interview/index849

読み込み中

@suntory_summer からのツイート